ターボドライ製法について 

特徴1:ターボドライ製法(新技術)では、生野菜をわずか数秒で乾燥と粉砕します。


野菜が焼けず、色鮮やかなパウダーです。
ターボドライ製法では、従来の製造プロセスと比較して次のような特徴があります。
●従来プロセスでは2段の乾燥工程にて、数時間~10数時間かけて乾燥し、粗粉砕さらに微粉砕工程を経て野菜粉末に加工することが一般的でした。
●ターボドライ製法では、数分間のブランチング(酵素失活処理)後、直ちに瞬間乾燥粉砕機にて、僅か数秒で野菜パウダーができます。
●加熱状態になるのが非常に数秒間なので、野菜成分(ビタミン類、カロテン類、ポリフェノール)の熱による劣化、空気による酸化が起こりにくく、有効成分がそのまま凝縮されて粉末化されます。
●野菜に含まれる有効成分は熱に弱いので、加熱時間は細胞膜破壊が起こる数分間が最適といわれています。それ以上の加熱時間では熱と酸素によって劣化し、抗酸化成分が減少します。
●乾燥時間が数秒であるにかかわらず、製品の水分は4%以下(2~3%)になりますので、保存性も非常に優れています。


特徴2:野菜の機能性成分が劣化しません。


野菜パウダーの機能性成分の比較
ターボドライ製法で製造した野菜パウダーと、通常の乾燥法で製造したパウダーの機能性成分の含有量を調査しました。弊社の製品(ターボドライ製法)は通常の乾燥方法で製造したものと比較して、機能性成分(ビタミン類、カロテン類、ポリフェノール)の含有量が大幅に高く、抗酸化活性が高いことが判りました。


ターボドライ製法(概念図):高速の気流で粉砕と乾燥を同時に行います。

野菜成分の劣化を最小化
高速気流により乾燥と粉砕が同時処理されます。処理時間が非常に短時間なので、熱に弱いビタミン類、カロテン類、ポリフェノールなどの劣化が殆ど起こりません。野菜そのものの風味、栄養素をそのまま凝縮します。